<   2004年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! [14] 「絶滅動物の記憶 編」
a0025383_7461641.jpg
豪州の古代アボリジニたちが描いた壁画の解説文を日本語に翻訳しています。当方、英語のレベルはかなりヒドイので、それをご承知の上記事やコメントに進んでくださいね♪

 題名文 「East Gallery」
 一文目 This rock face shows some of the oldest art in the area.
 二文目 The remains of the laege animal with its short rear legs and extended tail could possibly
      show one of the extinct animals known to have roamed this region.
 三文目 Many hundreds, perhaps thousands of years would have passed before the image was
      weathered enough to paint the next subject over the top.

 [超直訳文]~文法を理解するために~
 題名文 「東の壁画群」
 一文目 この岩壁は、この地域で最も古いいくつかの壁画を見せてくれる
 二文目 残っている大型動物の その短い後ろ足と伸びた尾 (?) ある絶滅した動物 知られる この地域を放浪していた
 三文目 数百年、ひょっとすると数千年 十分に塗る(描く)こと 十分に風化される 次の主題がてっぺんの上に

 [翻訳文(意訳文)]~自然な日本語への変換のために~
 題名文 「東壁画群」
 一文目 この岩壁に、この地域で最も古いいくつかの壁画を見ることができます。
 二文目 岩壁に残された大型で短い後ろ足とピンと張った尾を持つ動物は、
       たぶんこの地域を駆け回っていた絶滅した動物たちでしょう。
 三文目 次のテーマが壁画の一番上に描けるくらいにまで風化されており、
       おそらく数百年、数千年という過去が過ぎていたでしょう。
       (あえて本文の影響を残してみました。文の大意を伝える目的です。ちょっと日本語的にはまとめてはいません。)
 


※ いただいた助言については、まとめて反映することになると思われます。「スルー」しているわけではないので「ヤなヤツ」・・と思わないでください。。御意見どしどし書き込んでください。それが、英語初心者・当ブログ管理人のタメになってます。。
・・・なりまくりです。

 当翻訳の進行方法についてはこちら翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! ~はじめに~をご参照ください。
 <アボリジナルロックアート解説文翻訳リンク>
Aboriginal Rock Art 編 危険な壁画 編 遺跡の呪い 編 レインボーサーペント 編 逆さの壁画 編


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!


More~ こちらが壁画の解説案内板
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-30 10:13 | 英文翻訳 「英⇒日 入力」
翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! [13] 「逆さの壁画 編」
a0025383_4294818.jpg

まだまだ壁画についての資料が手元にあるので、多少飽きを感じつつも(笑)、日訳をしていきたいと思います。なんといっても、人に見せるための案内板。著作権的に一番問題がなさそうなもので・・・。でもたぶん、壁画自体の写真はたぶんアウトです(笑)。写真はボクが撮ったんですけどね。。部族長あたりに会わないとダメかも。

 題名文 「Central Gallery」
 一文目 The figures on the left were painted upside down.
 二文目 Many people have speculated about their meaning, these being sorcery,
      ceremony preparation, initiation or people asleep or lying down.
 三文目 Originally all these figures may have been painted in two or more colours.
 四文目 Now only the red pigment remains.

 [超直訳文]~文法を理解するために~
 題名文 「中央の画廊」
 一文目 左側の人物像は さかさまに描かれている
 二文目 多くの人々が それらの意味について推測した ~である 魔術 儀式の準備 入会
       または ひとが眠っている または 横たわっている
 三文目 もとは これら全ての人物像は 描かれていただろう 2つまたはそれ以上の色
 四文目 今は 赤い絵の具だけが残っている

 [翻訳文(意訳文)]~自然な日本語への変換のために~
 題名文 「中央画廊」
 一文目 左の人物画は逆さまに描かれています。
 二文目 多くの人がその意味について推測しました。魔術である、儀式の準備ではないか、信仰の儀式だろう、
       または人が寝ているところか、横たわっている様子だと。
 三文目 もともと、これらの人物画は2つか、それ以上の色で描かれていたのかもしれません。
 四文目 しかし、今は赤い絵の具だけが残っています。
 

 当翻訳の進行方法についてはこちら翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! ~はじめに~をご参照ください。
 <アボリジナルロックアート解説文翻訳リンク>
Aboriginal Rock Art 編 危険な壁画 編 遺跡の呪い 編 レインボーサーペント 編


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!


More~ 案内板の解説写真
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-30 05:21 | 英文翻訳 「英⇒日 入力」
車上狙い発生!!
a0025383_13421343.jpg
レイプやら殺人やらが日常茶飯事なアメリカ、小・中学生ですら人生に疲れて自殺してしまう日本、豪州の田舎町の首都キャンベラでは多少はあるものの、諸外国の首都と比べてはいけません。。
そんな平和な街、キャンベラだと思っていましたが、先日、ウチのアパートの駐車場で車上狙いが発生しました。写真の車の手前側、つまり、撮影した立ち位置の後ろにはボクの乗っている車がいつも置いてあります。犯行時刻はこの日の深夜から明け方にかけて。たしか、この夜、ボクは一晩中テレビの前に座って起きていました。そういえば夜中に駐車場から車の警報機が鳴っていた様な気もします。

被害にあった車、まじまじと観察してしまいました。運転席側から割られていないところから、「車」自体を狙ったものではないもの。そう、「モノ盗り」目的。車内のステレオ系には手を触れていないこと。ガラスの派手な割れ方や、大きな空間をワザワザ割る未熟な手口。外に飛散したガラスの破片が、間違いなくここで行われた事を指し示す。そして、この夜、物理的被害にあったのはこの車のみ。
コレね・・・、たぶん、知り合いか、このアパートの住人の犯行だと思うのよね。。駐車場の出入り口、住民の鍵がないと開かないしね。

そういうボクの車もよく見ると入られた形跡が・・・。ドアが半ドアになってました。一応、ハンカチ等で証拠を荒らさないように被害を調査。すると駐車場代に使っている小銭入れが見当たらない。・・・お隣さんとはちょっと手口が違うところが気になったけど、たぶん、二人以上が手分けをしてやったんでしょ?鍵穴も掘られた跡がないし、小銭入れのみなくなっていて、開けたダッシュボードはキチンと閉められている。アノ道具使ったのかな?車関係の仕事してるかもね・・・。

・・・と、FBIゴッコしつつも、被害が少なかったので、証拠保全は止め、特に届け出ることもしませんでした。。で、何事もなかったかのように風景写真を撮りに行ったのでした。今度、無断でドア開けたら爆発するようにでもしておくかな。。。

シドニーなどでは、よく、駐車車両のハンドルにゴッツイ盗難防止のハンドルロックがかけられています。平和とは言え、ここは海外。日本の常識は通用しないのでみなさん、旅行の際はご注意を。。。車の警報機が鳴っていてもダレも見向きもしません☆


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-29 13:48 | 豪州案内所  「ムダ知識」
翻訳時のアタマの中身を見てみよう!![12] 伝説のドラゴン 「レインボーサーペント」
a0025383_13294884.jpg

 レインボーサーペント。それは北オーストラリアの隅々まで知られている、創世期の強い力を持つ祖先のひとつ。アボリジニたちはしばしば、雨季の空に虹が現われる時、レインボーサーペントの力を思い起こさせられた。このレインボーサーペント探求の話は、ビル・ネイジェが、ウビル族出身の女性である彼の母によって、伝えられたものです。

 レインボーサーペントは普段は穏やかに河に棲んでいるが、物音や、特に子供の泣き声などによって、凶暴になる。ある日、レインボーサーペントはウルブの集落から絶え間なく続く子供の泣き声を聞かされた。その子供は、甘いユリの根が欲しくて泣いていた。しかし、夜が更けた時、子供は間違えて腐ったユリの根をもらったのだ。その泣き声はさらに大きくなり、そして朝まで聞こえていたであろう。突然、冷たい突風が生じた・・それはレインボーサーペントが近くにいる確かな証拠だ。レインボーサーペントは集落に急に現われ、その巨大なとぐろで村人を捕らえ、その子供とほとんどの人間を飲み込んだのだった。


 <アボリジナルロックアート解説文翻訳リンク>
Aboriginal Rock Art 編 危険な壁画 編 遺跡の呪い 編


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!


More~ オリジナル壁画はこちら・・(期待しちゃダメ!)
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-27 13:43 | 英文翻訳 「英⇒日 入力」
翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! [11] 「虹のドラゴン 後編」
翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! [10] 「虹のドラゴン 前編」の後半部分・・案内板の内容はこれで全部です。前編がワリとあっさり解読できたので、残りの部分、連続投稿となりました。前半部分も目を通してくださいね。。すぐ下の記事です♪

 一文目 The Rainbow Serpent usually lives peacefully in waterways but can be upset
      by some noises, especially children crying.
 二文目 One day the Rainbow Serpent heard the constant cries of a child coming
      from an Ulbu camp.
 三文目 The child was crying for sweet lily root, but when night fell the child was given
      the sour lily root by mistake.
 四文目 The cries became even louder and could still be heard in the morning.
 五文目 Suddenly, cold gusts of wind spring up - a sure sign that the rainbow is near.
 六文目 The Rainbow Serpent rushed into the camp, trapped everybody
      with its huge circled body and swallowed the child and most of the people.

 [超直訳文]~文法を理解するために~
 一文目 レインボーサーペントは通常 平和的に 水路に 棲んでいる しかし 異常になることができる 騒音や
      特に子供の泣き声によって
 二文目 ある日 レインボーサーペントは 休みなく 子供の泣き声を聞いた ウルブのキャンプから来る
 三文目 その子供は 甘いユリの根を求め 泣いていた しかし 夜になった時 その子供は 酸敗しているユリの根をもらった
       間違えによって(即日訂正)
 四文目 その泣き声は さらにうるさくなった そして朝まで聞こえた かもしれない
 五文目 突然 冷たい突風が 急に起こった-レインボーサーペントが近くにいる 確かなサイン
 六文目 レインボーサーペントは キャンプの中に急に現われた みんなをとらえた その巨大な 円(?)の身体で
      そして 飲み込んだ その子供とほとんどの人々を
 [翻訳文(意訳文)]~自然な日本語への変換のために~
 一文目 レインボーサーペントは普段は穏やかに河に棲んでいるが、物音や、特に子供の泣き声などによって、凶暴になる。
 二文目 ある日、レインボーサーペントはウルブの集落から絶え間なく続く子供の泣き声を聞かされた。
 三文目 その子供は、甘いユリの根を求めて泣いていた。しかし、夜が更けた時、子供は間違えて腐ったユリの根をもらったのだ。(即日訂正)
 四文目 その泣き声はさらに大きくなり、そして朝まで聞こえていたであろう。
 五文目 突然、冷たい突風が生じた・・それはレインボーサーペントが近くにいる確かな証拠だ。
 六文目 レインボーサーペントは集落に急に現われ、その巨大なとぐろで村人を捕らえ、その子供と
      ほとんどの人間を飲み込んだのだった。

 当翻訳の進行方法についてはこちら翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! ~はじめに~をご参照ください。
 <アボリジナルロックアート解説文翻訳リンク>
Aboriginal Rock Art 編 危険な壁画 編 遺跡の呪い 編
 <その他 気まぐれ翻訳リンク>
ビートルズの歌詞 編 花の祭典フロリアード 編
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-26 17:01 | 英文翻訳 「英⇒日 入力」
翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! [10] 「虹のドラゴン 前編」
(個人的に)莫大なエネルギーを使うため、しばらく避けていた翻訳のコーナー。
 今回の翻訳もアボリジニの壁画関連ですが、題名は「Rainbow Serpent」(虹の大蛇)です。この伝説は現存するアボリジニの壁画の中でも最も古いものと言われています。翻訳の終了時に壁画を掲載しようと思います。初期の壁画のためデザインは非常にシンプルです。あんまり期待しない方がいいですね☆
 4~5万年もの歴史をもつアボリジニたちの壁画。たとえ、並列に壁画が描かれていたとしてもそれぞれが描かれた年代は隣同士でも数千年以上の隔たりがあるものもあります。そかし、今回の「レインボーサーペント」の伝説はほとんどのアボリジニが知っている彼らにとって重要な意味を持つ壁画なのです。そんな別格の壁画のそばに設置されていた解説文からの翻訳です。


 題名文 「The Rainbow Serpent」
 一行目 The Rainbow Serpent, one of the most powerful ancestors of the Creation Time,
       is well known throughout Northern Australia.
 二行目 Aboriginal people are often reminded of the powers of the Rainbow Serpent
       during the wetter months when rainbows appear in the sky.
 三行目 This chapter of the journey of the Rainbow Serpent was told to Bill Neidjie by his mother,
       a woman from the Ulbu Clan.


 [超直訳文]~文法を理解するために~
 題名文 「虹の大蛇」
 一行目 虹の大蛇、 創世期のもっとも力強い 祖先のひとつ、 北オーストラリアをすみずみまで よく知られた
 二行目 アボリジニたちはしばしば 思い起こさせられた レインボーサーペントの力を 雨季の間 空に虹が現われる時
 三行目 この レインボーサーペントの 旅の章 は ビル・ネイジェが 彼の母によって 聞かされた ウビル族から来た女性

 [翻訳文(意訳文)]~自然な日本語への変換のために~
 題名文 「虹のドラゴン」
 一行目 レインボーサーペント。それは北オーストラリアの隅々まで知られている、創世期の強い力を持つ祖先のひとつ。
 二行目 アボリジニたちはしばしば、雨季の空に虹が現われる時、レインボーサーペントの力を思い起こさせられた。
 三行目 このレインボーサーペント探求の話は、ビル・ネイジェが、ウビル族出身の女性である彼の母によって、伝えられたものです。

 当翻訳の進行方法についてはこちら翻訳時のアタマの中身を見てみよう!! ~はじめに~をご参照ください。
 <アボリジナルロックアート解説文翻訳リンク>
Aboriginal Rock Art 編 危険な壁画 編 遺跡の呪い 編
 <その他 気まぐれ翻訳リンク>
ビートルズの歌詞 編 花の祭典フロリアード 編
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-26 12:03 | 英文翻訳 「英⇒日 入力」
豪州の日常
a0025383_18355577.jpg

キャンベラの人工湖「グリフィン湖」のほとりでひなたぼっこをしていたカンガルーたち。
ちょっとカジノで負けてアウトロー気味なので写真だけでもさわやかに。。

さーて、勉強するかぁ。。

※ この記事を立てた後、エキサイトのメールボックスをチェックしたところ「エキサイトブロガーコンテスト事務局」様からメールが来ていました!!内容は・・・・

『エキサイトブロガーコンテストにご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる抽選の結果、「エキサイトグッズ」がご当選されましたので、本メールでご
連絡さしあげます。』

でした。そうです、先日行われたブログコンテストに密かに応募していたのでした。
賞品・・・一体何だろーなー。。海外発送してくれないかなー。。

カジノでは当たらないのに・・・。。エキサイト様ありがとう~~!!
来月実家にはどんなものが送られてくるのやら。。楽しみ楽しみ♪
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-25 18:36 | 豪州写真館   「観光編」
話す能力と聞く能力
語学学習初心者として最近感じてきたこと。もしかすると「話す能力」と「聞く能力」は別モノなんじゃないかと・・・。

英語について言うと、いろいろあがいては見るものの、ボクはさっぱり「話すことが」ままならない。アタマの中ではこんな感じ・・・
 ①言いたい事が思い浮かぶ ⇒ ②とりあえず「I(ボクは)・・・」と口走る ⇒ ③時制・単語などを確認中 ⇒ ④クチに出して文型を並べてみる ⇒ ⑤一文を言い終わるまでに30秒以上かかる ⇒ ⑥結果・相手から「sorry?」と聞き返される ⇒ ⑦・②~⑤を繰り返す ⇒ ⑧ついでに文法が合ってなくて結局通じない ⇒ ⑨笑ってごまかし、激しく落ち込む。

最近、文法の解説書に本格的に目を通すようになって、テレビ(英語)も見るようにしている。・・・例えばニュース。キャスターの話す「一つ一つのセンテンス」はわかっていないものの、映像やところどころに出てくる知っている単語を組み合わせて「何の話題で、何があったのか」くらいはわかるようになった(気がする)。アタマの中でわざわざ日本語化しないままで。
英語のサイトなどで「字幕無しで洋画が見られるようになった」という人をみかける。けど、そこまでできる人(聞くことができる人)でも、中には「(スラスラと)話すことができない人」が存在するような気がしてきました。

 ところが中国語では逆の現象が・・・。ひとえにボク個人の能力不足なんだけど、言いたいことがある程度反射的に表現すること(クチに出して言うこと)ができても、相手の言っていることを聞いて意味を理解するのに時間がかかったりする。中国語のニュースは聞いていてもあんまり理解できていないのだ。

 ちょっと先行く語学学習者のセンパイ方、、、このあたりの現象について何か思い当たることってありませんでしょうか?なかなか話せるようにならない自分へのなぐさめになってしまうんですけど。。。誰かなぐさめてくださーい(泣)。。
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-24 00:56 | 語学関連 「英語・中国語」
釣りの王者 「キングフィッシャー」
a0025383_13225339.jpg
一生の不覚でした。
豪州ノーザンテリトリー州の河のほとりに現われた色鮮やかな一羽のカワセミ。
英名「(king fisher)キングフィッシャー」
しばらく枝にとまり、じっとしていたのにもかかわらず、後ほどPC上で確認してみたところ、まともな写真が撮れていませんでした。

日の傾きはじめた夕刻時、日陰部分にいる小さな標的を、ズームで・・・しかも三脚等の固定装置がない状態できれいに撮るのは至難のわざ。いつ飛び去っていくかもわかりません。悪条件が重なると動物の自然の姿を上手に写真に捉えるのはシロウトのボクには無理なハナシです。

しかし、コイツは激しく悔しい・・・。

<関連リンク>
ノーザンテリトリーの動物達 オーストラリアの大トカゲ「goanna」 ダンディー・クロコダイル 空飛ぶキツネ(こうもり) 蜂の天敵「Bee eater」 水棲ガメ「タートル」 「う」 首の長いサギ ゲコ(ヤモリ) まだら模様のサギ 白黒サギ りりしいトンビ 悲しげな鷲
珍しい動物達 カンガルー(Kangaroo) 巨大オウム コカトゥ(Cockatoo) オーストラリアトキ ・・・トキなのかぁ!? 空のギャング 「マグパイ」(magpie) ホエールウォッチング!! 世界最大のサカナ 「ジンベエザメ」 謎の生物「プラティパス」(カモノハシ) 白鳥ならぬ黒鳥


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-22 13:31 | 豪州写真館   「動物編」
キャンベラ名物 フロリアード(初旬)
a0025383_19401445.jpg

開催二日目、天気が良いのと娯楽に飢えていたため、散歩がてらに行ってみました。
いちおう、こんな感じだよ~っという写真です。

一ヶ月の開催期間のうち、今日は2日目。そのため、詳細についてはあえて語りません☆
あくまでこ~んな感じってコトで。。

ひとつアドバイスするとすれば、・・・まだちょっと早かったみたい。。
花の種類によってはまだまだ「つぼみ」状態でした。

写真圧縮後の遠景写真は画像が荒れてしまうようです。そのため全景は無理かな?
後日、満開のころ再度紹介しようと思いますが、あまり写真には期待しないでください。。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-19 19:54 | 豪州案内所  「ムダ知識」