カテゴリ:豪州写真館   「観光編」( 51 )
タスマニアの観光路面電車
a0025383_15293253.jpg
タスマニア第二の街、ロンセストンを走っていた観光用路面電車です。これは単線で、ある短い区間を往復しているだけのいわゆる観光用。
英国や豪州ではこのような電車を「tram(トラム)」と呼びます。
TOEICの単語に「street car」とあって、どんな車だ?と思って調べてみると、米国ではそのように呼ばれているもよう。
同じ英語の国ですが、知らないものはサッパリわからないでしょうね。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-03-16 19:00 | 豪州写真館   「観光編」
タスマニア ワイングラス湾 ②
a0025383_1433369.jpg
前回の記事タスマニア ワイングラス湾 ①です。
湾を一望できる展望台からさらに30分ほど下ります。下りの山道は足を下ろす時に体重が足にかかるため、上りよりも疲労度は蓄積します。たまにはいい運動として山歩きをしたいものですね。

ビーチはご覧のとおり。しばらくビーチで横になりナマイキそうなカモメなどを眺めている時、写真の方向に人影がいなくなった所をパシャリ。前回掲載した写真の湾の右側の部分にいるわけです。汗をかいた身体に心地よい海風が吹いてきます。こちらの海風はジメジメしていないためか、風をしばらく受けてもベトベトしません。実にさわやかです。
帰りは同じ道を引き返すワケですが、さすがにヘロヘロぎみ。すれ違うオージーたちは「Enjoy !!」と声をかけてきます。「ハァ~イ(Hi~)」といい加減な返答をしながら歩き通したのでした。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-03-13 02:09 | 豪州写真館   「観光編」
タスマニア ワイングラス湾 ①
a0025383_19374130.jpg
タスマニア島の東の果てに美しい湾があります。その名も「ワイングラス・ベイ」。この風景を見るためには幹線道路から山道をブッシュウォーキングしなければなりません。確か・・・ここまで片道1時間半。この展望台の場所からビーチに下るのにさらに3,40分。

自然が好きでないヒトはやめておいた方がいいかもしれません。行った先には自然しかありませんので。
自然がお好きな方は、天国です。山の空気は澄んでいて、白いビーチと青い海。そして、日本の何倍もの紫外線(笑)。

そうです。言い忘れておりましたが、南極のオゾンホールに近いせいなのか、南半球オーストラリアの日差しは強烈です。紫外線がとても多く含まれており、皮膚ガンの発生率もかなりの高さらしいので、普段の生活でもできれば日焼け止めを塗り、ブッシュウォーキング等、野外活動をする際は、絶対にスキンケアを忘れずに。

日本でたま~に、日焼けをしに海辺で真っ赤っかになっちゃっている方がいらっしゃいますよね?豪州では命取りになるかもしれません。また、山歩きはミネラルウォーターを携行しましょう。2時間歩いた先にお店などありません。水を飲むには2時間引き返して、さらに車で1時間くらい走らないと建物らしいものは見えてこないと思いますので。
・・・えっ?田舎って思いました?豪州の観光地なんてどこもこんな感じですよ。そもそも金儲けなんて考えてなさそうですから。。なんとかまんじゅうとかケータイストラップとか使い捨てカメラとか・・・。郷に入れば郷に従えです。諦めて自然を満喫しましょう。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-03-10 19:54 | 豪州写真館   「観光編」
タスマニアの表情④ ~紫色のじゅうたん~
a0025383_18131666.jpg
タスマニアの道路を車でかっ飛ばしていた時、林の合間に突然、色とりどりの花が咲いているのを発見。急停車してカメラを手に近づいてみました。本当にこのエリアだけ幻想の世界が広がっていました。不思議すぎます。とってもミステリアス。。う~ん、なんだろー。何かが埋まっているのだろーか・・・・・。
拡大アップはこちら。
a0025383_1814192.jpg


~関連リンク~
タスマニアの表情① ~浅瀬の海岸にて~
タスマニアの表情② ~サバンナ風草原~
タスマニアの表情③ ~タスマニアの森~
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-02-19 18:23 | 豪州写真館   「観光編」
タスマニアの表情③ ~タスマニアの森~
a0025383_2303797.jpg
自分に気合を入れるつもりで記事の雰囲気がかた~くなってきたので、ここらで森の空気でも吹き込んでおこうと思います。。

タスマニアの森は湿潤。森の遊歩道に入り込むと苔生した(こけむした)木々が幾重にも重なり、緑色の世界は木漏れ日に照らし出され、ほのかに輝いています。

昼間だというのに直射日光の届かない森の中は、フラッシュ無しではブレやすくなってしまいます。でも、この森にフラッシュは強すぎるようでした。
少しくらいボケがかかっていた方が神秘的なイメージ出るかな?(←ピンボケの言い訳。)

うーん、もう一度森の中で静かに たたずみたいな。。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-02-04 23:16 | 豪州写真館   「観光編」
オーストラリアの空
a0025383_1411540.jpg
オーストラリアの首都キャンベラは他の国の首都に比べてしまうととても小さいです。そんな首都の全景がこちら。
オーストラリアの空は時折、とても幻想的な表情を見せてくれます。
雨上がりの黄昏時、真上にある青い空、燃え上がるような真紅の夕日のカケラがスコールをもたらした雲に反射し、
湖は紫色に浮かび上がります。
「キャンベラ」はアボリジニの言葉で『人の集まる場所』。太古のキャンベラでは夕焼け色以外の光のない世界。
現在「人の集まる場所」には光が集まっています。

太古の世界と現代が交わる国、それがオーストラリア。

More~ランキングクリック。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-24 14:35 | 豪州写真館   「観光編」
タスマニアの個性あふれるポストたち
a0025383_20324746.jpg
目下、個人的に記憶力の限界(笑)に挑戦中なのですが、こーやってブログに逃げてしまうところなんぞ、どーしよーもないっす。

写真はタスマニアにあった、とある民家の『ポスト』です。
・・・ポスト!? ・・・ええ、ポストなんです。

この地方・・・というか、オーストラリアって広いものですから、一軒一軒が5キロくらい離れていたりする事ってけっこうあるようです。草原の一本道を車で飛ばしていると突然バラエティに富んだポストがたくさんあります。これもその中のうちのひとつ。旅の途中に途中下車を繰り返し、写真撮ってました。

知り合いを遠くから招く時なんか、個性あるポストが家の前にあれば一発でわかりますよね。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-21 20:40 | 豪州写真館   「観光編」
絶滅動物タスマニアタイガー ①
a0025383_22151425.jpg
タスマニアタイガー。1936年に州都ホバートの動物園で1頭が死んだのを最後に絶滅したものと考えられています。別名フクロオオカミ。豪州では「thylacine(テラシーン)」という呼び名も一般的です。
そう、彼らは有袋類。カンガルーやコアラと同じ種族なのです。姿形は似ていても犬やオオカミとは全く別系統の生物。VTRが残っているほど「ついこのあいだ」まで存在していたのです。
写真はタスマニアの小さな街にあった観光案内所の展示コーナー。中にいるのは剥製ではなく、復元モノです。左側の吊るされたタイガーが人間の愚かな行為を鮮明に記録しています。

地球の生命誕生からの長い歴史の中で進化を繰り返し、ようやく生き残ってきた生物が人間の手によってその歴史の幕を閉じました。果たして人間は何によって絶滅するのでしょうか・・・。

※ 有袋力学・・・のちに検索をかけてみた有袋類の解説サイト。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-17 22:27 | 豪州写真館   「観光編」
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ⑤ ~最終回~
豪州タスマニアにある魔女の宅急便モデルハウス特集、いよいよ最終回です。
a0025383_19492094.jpg
はい。ヤロウのブログには似つかわしくない写真ですが、とっても可愛らしいキキの部屋です。観光名所でもないこの土地。宮崎作品とは言え、日本のアニメの中のモデルというだけで、日本人以外にありがたみのわからないこの部屋。みなさんが狙って行く事もなければ、ボクが再び足を向けることもないこの場所。かなーり貴重な写真だと思います。(と、言いつつ撮るのに失敗してるし・・)
映画とは違い、キレイすぎてピンと来ないかもしれません。魔女のホウキや、ジジ人形もあったので人がいないのをいいことにいろいろ配置してみて写真を撮ったりしてしまいました。

a0025383_19522543.jpg
黒猫のジジが出入りしていた窓も同じ形でありました。開かないけどね~。
そうそう、はっきり言って狭いです。油断しているとすぐにアタマをぶつけます。
魔女の宅急便の絵本も置いてありました。ひどく寂しく画的にどうかと思ったのですが、キキの部屋の一場面のところを開いて記念撮影♪

<魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん 特集記事>
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ①
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ②
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ③
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ④
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ⑤ (最終回)

More~ 余談・貞子は出てきません(笑)。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-14 20:17 | 豪州写真館   「観光編」
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ④
豪州タスマニアの小さな町の小さなパン屋さん。ここは映画「魔女の宅急便」のパン屋さんのモデルになったお店が実際にあるのです。さて、この日、ボクたちはお店を見てはしゃいでいた訳ですが、おそのさん・・いや、ドットおばさんは言いました。
「Do you wanna see the KIKI's room ?」
a0025383_9573213.jpg
映画では大都市の中にあったパン屋さん。実際のパン屋さんは観光客も立ち寄らないような小さな町にあります。ボクはキキの屋根裏部屋はまた別の場所にあったり、架空の部屋だと思っていました。
 ドットさんは笑顔で小さなカギを貸してくれました。「今夜泊まろうとしていたお客さんがキャンセルになってしまったのよ~。
もし、そうじゃなかったら見せてあげられなかったんだけどね。あなたたち、ラッキーよ。。自由に見て行っていいからね。」
「おっし!行くべ~~。」パン屋の裏手にあるこじんまりとした建物に向かったのでした。(開いているドア、実はトイレね。)

a0025383_9581526.jpg
裏手にあるトビラを開いくとすぐに小さな階段が・・・
階段の上には魔女のアイテム、魔女ホウキがあります。う~ん、ニクイねぇ。。

今回でパン屋記事を終結させようと思っていたのですが、掲載写真が増えてしまったため、こちらの都合により、次回を最終回とさせていただきます。ひとつの記事で最大でも3枚って決めているもので・・・。
と、いうわけで、次回のパン屋さん特集最終回をお楽しみに~♪

<魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん 特集記事>
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ①
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ②
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ③
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ④ (当記事)
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ⑤ (最終回)
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-12 10:11 | 豪州写真館   「観光編」