カテゴリ:豪州写真館   「動物編」( 59 )
オーストラリアのヤンキーばと。
a0025383_16144599.jpg
はい。ヤンキーばとでございます。
とがってますねー。グレてますねー。パンクちっくですねー。
いちお、彼らのナチュラルヘアです。

と、手抜きの記事と写真をUPしたので、ついでに告知。
実は今まで意味なくボカシていましたが、27日(土)の朝の便で豪州を出国します。
キャンベラで出会った全ての人に感謝しています。・・・いかん、まだ言ってない人にアイサツ行かねば。。

さて、まだ確定ではないのですが、長い間いろいろな方とめぐり会い、まるで会った事のある友達のような交流をさせていただいたこのブログ、『~海の外~』ですが、海外滞在中と日本帰国後の生活環境の変化に伴い、尻切れトンボ状態に過疎化していくことが予想されます。
うーん、、削除の予定は今のところありません♪記事の更新に手を付けるかどうかは不明なところ・・・。もちろん、ちょこちょことノゾキには来ますけど、今後についてはハッキリした方針は未定です。

日記系のテーマなら問題はなさそうでしょうが、ウチのブログの場合、帰国後、海外生活の思い出話を最新の記事として扱っていっても、「う~ん、どーだろ・・・。」な部分があったりします。そんなこんなで、シロウト感バリバリのホームページに着手しちゃってます。気がつけば「なんだかよくわからないHP」になってしまっておりますが、なにぶん、初めてのHP。これまでの写真でごまかす事にしつつ、ゆっくりとレベルアップさせていこうと思います。もう少し、手直ししておきたいので、アドレスの公開は水曜日か木曜日に。(ああ・・・センスのないHPのまま公表しちゃうのか・・・(恥))

ではでは、次回の記事にて。
(コメントの返信はしますよー。)
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-08-22 17:22 | 豪州写真館   「動物編」
キングフィッシャー「クカバラ(ワライカワセミ)」
a0025383_1692156.jpg
ようやく出会うことができました。彼にずっと会いたかった。写真はあえてはっきり写っていないものを掲載してますが、もう少ししっかりアップで写っている写真もあります。他のブログでは餌付けできるくらいに遭遇できるといった方もいらっしゃったのですが、ボクは今まで出会うことができませんでした。

記事が流れて忘れ去られていってしまうブログではもったいないので、レベルの高い写真については来週公開予定のホームページに載せようと思います。クカバラだけではなく、オーストラリア人でさえお目にかかることができないと言われている動物も、生息地の聞き込みを繰り返し、寒空の下張り込みをし、スッゴイ写真も撮れています。
何というか、自分にとってのお土産っていったら、自分で撮りためてきた豪州の写真たち。

オーストラリアはお土産といったらコアラのぬいぐるみくらいで、カラスミだの、お酒だの、お茶だのって、特に「コレ」というものがないんです。でもね、そんな「物社会」におぼれてしまって忘れてしまうところでした。

・・・豪州の大自然。

これがオーストラリアが世界に誇る立派な記念品。
自然と共に生きてきたアボリジニの守る森。
古代の壁画が今なお残る聖地と呼ばれる原始の風景。
大陸の80%が豪州固有の動物たちで占められている楽園。

日本には「何でも」ありますよね。
でも、ボクはそんなものがなくたって寂しくなかったし、日本で流行っているものが気になることはありませんでした。芸能人の恋愛話など本当にどうでもよかった。たまに日本のバラエティ番組ビデオを入手して見る事はあっても、「くだらない」としか感じなくなっていた。十代の頃はテレビの話題が世の中の全てを動かしていたような感覚が支配していたんですけどね。

でも、この大陸では違いました。
地球は人間が管理・支配している惑星ではなく、自然の中に人間が場所を借りて生きているんだなって。白紙の地図の荒野のエリアにたった一人で迷い込んだ時、誰も気付かない当たり前の真実を感じる事ができました。

ボクはいつの間にかに、そんなオーストラリアの生きている宝のカケラを集めることに目覚めたことを幸運に思っています。自分の趣味とはいえ、ブログで雑談をしながら公開することがなければ、これほどたくさん一生懸命写真を撮る事もなかったと思います。このブログを見つけてくれて陰で宝のカケラ集めを手伝ってくれたみなさんにとても感謝しています。
ありがとう。




はい。気取った記事はここまで。
クカバラさん、好きなんですよー。とにかくデカイ。で、堂々としていて、夕暮れの森で見つけた時、思わず「クカバラさまぁ~」とまるで「はにまるさま~」(←分かる人しかわからん。)とでも言うように逃げない事を祈りつつ、獲物を弓矢で狙うアボリジニのようにそっと近づきました。
HP、そんなに期待しちゃダメですよ~。でも、出来る限りキレイな写真、お見せできればいいなーと、思っています。
その時は応援よろしく!
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-08-19 17:35 | 豪州写真館   「動物編」
写真撮影ウラ話
実はありそうで中身のないこのブログ(笑)。忙しい合い間をぬって来てくださる方のために(・・・と言うより、自分の趣味でやっておりますが・・)、せめて写真だけでも出来のいいヤツをと思っておりましたが、完全なシロウトのボクが「なんちゃってカメラマン」として、今回は野生動物撮影のウラ話を・・・。殴り書きで・・・。

たとえば、そこらへんをのんきに走り回っているカンガルー。ふつーに「ニャンだい?」とこちらを振り向くポーズ
a0025383_21474777.jpg

・・・は誰にでも撮れて面白味がありません。そこで、ジャンプをしている瞬間の、よりカンガルーらしい姿を撮ってやる!・・・となるわけです。

まず、カメラのモードをスピードモードに切り替えます。滝などを撮ると「しずく」の一滴一滴までが捉えられるモードですね。
・・・で、おもむろにカンガルーを狙い『パシャッ!』
a0025383_2128562.jpg

・・・はい、まるでイヌのようなカンガルーが撮れました。 って、おい、タイミングまちがってんじゃねーかよっ!
悔しいので再度トライ。
a0025383_21302426.jpg

・・・はい、またもや失敗。
違うんです。イメージしているのはこんなんじゃないやい!
またまたトライ。
a0025383_21312646.jpg

うーん、惜しい!コイツをヨコから撮りたいのだ。
そりゃ、そーだね。跳ぶように仕向けているんだもの。自分からは逃げていくわけで・・・。
めげずにトライ。
a0025383_21334392.jpg

うーん、全体をキレイに撮りたいのに~~!
ええい!気合が足らんわ!うりゃ!
a0025383_21371823.jpg

「・・・・・。」

・・・のよーな事を繰り返してやっとこさ撮れた精一杯の写真がこんな感じ。(枚数の関係で小さいのですが、今回はカンガルーの紹介をしているわけではなーい!)
a0025383_2140043.jpg


と、いった具合でけっこー使い物になる写真って少ないんですよね。
ちなみに来るであろう場所でシャッターを半押ししたまま(ピントを合わせたまま)、チャンスを待っているのだよ。。みなさんも頑張ってキレイな写真、残していこーね♪
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-08-16 21:43 | 豪州写真館   「動物編」
さてと・・・
a0025383_5195739.jpg

・・・オイ。どこに行く気だ?
・・・・・・っつーか、今どこから出した?ソレ。

[PR]
by kenjipm1122 | 2005-08-14 05:26 | 豪州写真館   「動物編」
巨大な狩人・クカバラ
a0025383_21183416.jpg
ご無沙汰しております。

ゲリラ的にブログを更新しております。すみません。。
そんなてきとーな書き殴り状態の記事でも、オーストラリアならではのものなので、お許しください。。「へぇ~~」っと思ってもらえれば「ああ、よかったなぁ~~」とそれで万事おっけえでございます。

今日のおもしろどーぶつは「クカバラ」という名のカワセミです。
「カワセミ」(←日本の呼び方)は豪州では「キングフィッシャー」(←英名)と呼ばれています。
・・・で、このでっかいカワセミの名前は「クカバラ」(←英名・・・っていうか、豪州にしかいないので豪州名ですが。)
・・・・・・・で、日本名は「ワライカワセミ」。

説明がヘタでごめんなさい。
ようは、「クカバラ」という名前の「キングフィッシャー」なんですね。。
(ようは、「ワライカワセミ」という名前の「カワセミ(の仲間)」なんですね。。)

その名の通り、ケタケタ笑います鳴きます。
ボクは行いが悪いのか、なかなか出会うことができず、写真は剥製です。サイズの比較にありがちなタバコをおいて撮ってみました。吸いかけなので箱は凹んでますが、そこは突っ込みどころではありません。「デカイでしょ」と言いたかった。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-08-05 21:30 | 豪州写真館   「動物編」
まだかなぁ・・・。
a0025383_1224027.jpg
今回はカンガルーくんにご無沙汰の間をつないでもらいましょう。

そうですねぇ、最近のニュースとしては・・・

キャンベラで幻の水棲生物を見た!
キャンベラでエキドナの轢かれた死体を見た!
キャンベラでカンガルーの轢かれた死体を見た!
キャンベラでマグパイの轢かれた死体を見た!

ってとこですかねぇ。人間がころがっていないのは人が少ないためでしょう。さすが、動物王国。

・・・・違うって。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-07-29 12:31 | 豪州写真館   「動物編」
タスマニアンデビル
a0025383_0455336.jpg
さて、今回はタスマニアンデビルのまともな写真を公開します。
タスマニアに旅をした時、ワイルドなヤツは残念ながら見ることができませんでした。
悲しみながらもその後、キャンベラのどーぶつえんへ行くとオリの中をウロウロ歩き回っているデビルくんとご対面できた時の写真です。
・・・と、余計な事を書かなければ価値が上がったのですが、そんなわけで飼いデビルくんの雄姿をご覧くださいませ。

うーん、ブログどーすっかな・・・。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-07-23 00:49 | 豪州写真館   「動物編」
豪州のトロピカルインコ 2
a0025383_22162030.jpg
いやぁ、すみません。ちょっとブログから離れがちなので、放置・廃業と思われても悲しいので更新しつつも、ネタ的には前回のインコと全く変わらず・・・。ま、紹介する機会が今までなかったので出しておきます。。

常連の方、コメントくださる方には申し訳ありませんが、こちらで返信コメントをしつつも、もうしばらくブログサーフィンはサボってます。どーか、「オイオイ、コメント書かせるだけでロクに書きに来てくれねーな。。」・・とおっしゃらないでくださいね。。
気まぐれなんでまわれる時にはイキナリ出現したりしますが。

うふふ。。アクセスが少なくなっても気にしないのじゃ。趣味だからね~~♪
っということで、今回は緑インコでしたぁ。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-07-08 22:25 | 豪州写真館   「動物編」
豪州のトロピカルインコ
a0025383_16424642.jpg
オーストラリアの大地を飛び回る天然インコ。
オウム系もそうですが、彼らはどちらかというとユーカリの原生林より、どんぐりの実がなる街の街路樹などでよく見かけることができます。
写真は原生林を眼下に見渡せるブルーマウンテン国立公園内のアコモデーションの餌付け台に現れたインコたち。朝と夕方にはかならず遊びに来るようです。

※ 豪州動物はこちら「サイトマップ ~オーストラリアの動物・植物たち~」
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-07-05 16:47 | 豪州写真館   「動物編」
・・・・・それぞれ。
ハンターバレーというワインの産地で出会った2種類の動物。

a0025383_1802593.jpga0025383_1804674.jpg
ネコ娘と・・・







イヌ太郎。


見ただけで性格がわかりますね。
ネコ娘はカメラ目線なかなかしてくれないし、
朝露に濡れたイヌ太郎には思いっきり襲われました。。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-07-01 18:19 | 豪州写真館   「動物編」