カテゴリ:豪州案内所  「ムダ知識」( 42 )
「実」を守る技
a0025383_20435686.jpg

カカドゥ自然公園でとても変わった植物をみつけました。
細かい毛の生えたツルの一部が包み込むようにしてその実を守っています。
鳥類から実を守るためと思われますが、触ってみてもトゲトゲしたものではなく、それはフニャフニャしていました。

この国、魅力的すぎます。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-07-27 20:55 | 豪州案内所  「ムダ知識」
ケガをするか、死にます。
a0025383_20333982.jpg

 ノーザンテリトリーの川には野生のクロコダイルが生息しています。川にさしかかる道路には写真のような警告文が設置されています。一部よくわからないのですが、訳をしてみました。

  クロコダイル安全対策  ~注意~

 河口(海水)ワニの攻撃で、怪我をする、または死にます。(笑)
 これらの動物は気付かれることなくこっそりこのエリアに入ってくることで知られています
 (↑掲載後、直していただいた訳文・・恥ずかしいので間違い訳文は隠滅させていただきました☆)
  ・閉鎖の看板がこの場所にある時、水の中に入ってはいけません。

 淡水ワニはこのエリアに生息しています。
 彼らは、もし、邪魔をされると攻撃的になり、かみついてきます。
 (↑一部意訳)
  ・近づいたり、これらの動物の邪魔をしてはいけません。


当ブログ翻訳部屋  「英中日」でも明らかですが、筆者の英語力はヒドイので、どなたか今回はさらっと修正をかけてください。もっとまともな訳を思いついた方、コメント欄にてご教示ください。ここでは細かい文法分解はしません。・・・たぶん。(コメントやメールにてアドバイスや文法解説をいただきました。みなさんのご好意がとてもうれしいです!)

 閉鎖の看板のない川辺でオージーたちは泳いでいました。あとになって同じ川でじっとしているワニをみかけましたが・・・。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!


More~ マトモな注意書き文(笑)
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-07-24 20:43 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアのスロットマシーン
a0025383_134934.jpg
 オーストラリアではギャンブル(カジノ)は合法です。ルーレットやブラックジャックなどカード系のゲーム場は大きなカジノに行かなければありませんが、デジタルスロットマシーンなら、会員制のレストランやクラブなどで見かけることができます。
 これらの機械は「poker machine」といい、俗称「pokey(ポーキー)」と呼ばれています。上段のボタンは掛け金(bet数)で下段は当たり絵柄の組み合わせ(line数)のボタンです。細かい説明をしてもピンと来ないと思うので、省略しますが、要するにスロットマシーンです。決まった絵柄が揃うとボーナスで何回か追加で回ったり、並び方によっては大当たりになったり、いきなりなんの前触れもなしに、ジャックポット(jack pot)で何十ドルも手に入る事があります。
 やり方はどのマシーンも同じで、ベット数(掛け金)を選んで、ライン(line)数を決めてボタンを押すだけなのでとても簡単! マシーンによって絵柄、フリーゲーム内容(パチンコでいうフィーバー中のアクション)、など違ってハマると楽しいです。どの賭け事でも言える事なのですが、しっかり使うお金を決めて行かないと、紙幣がどんどん吸い込まれていきます。

 一般的にルーレットなどが置いてあるカジノでの写真撮影は禁止されていると思います。ただの機械であるポーキーのあるお店ではたぶんカメラを向けても怒られないような気がしますが、何も知らない時に何気なく撮ってしまった写真があったので紹介させていただきます。
 気軽に自分の決めた金額でできるうえ、英語を話す必要もないので、話のタネに勇気を出してチャレンジしてみてはいかがでしょうか?GOOD LUCK!!

豪州ではカジノは合法で~す



 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-27 21:41 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアのゴミ箱たち
a0025383_134815.jpg
ウルグアイのゴミ箱
 日本から一番遠い国ウルグアイにお住まいのbrujaさんのブログ「宇柳貝四方山話」に「世界のゴミ箱」のような記事をみつけました。現地の人からしてみれば、ゴミ箱にカメラを向けているガイジンさんって「アホ」っぽく見られてしまうんだろーなーと思いつつ、「アホ」になってしまいました。

 オーストラリアではアパートタイプのお家ではその敷地の集積場にゴミを出します。一軒家の場合、決まった日時に写真のような緑色のゴミ箱を自分の家の玄関口に出しておきます。
 写真がなくて残念なのですが、こちらのゴミ収集のやり方が豪快なのです!巨大なキバのある象のような収集車がゴミ箱を「ブレーンバスター」をかけるように高々とかつぎ上げて背中にある入り口に向けてゴミを「ザバーッ」と流し込むのです。(バックドロップ!?)
 初めて見る豪快な収集方法に、サングラスをかけたクールな運転手さんにチラチラみられながらも、目を丸くして見入ってしまいました。

 というような収集方法ですので、多少、ビンカンが燃えるゴミに入っていようが、怒られないみたいです。日本では「収集していただく時に、怒られないように分別しなきゃ。近所の目もあるし」という感じですが、こちらではとくに言われなくてもみんな分別しているような気がします。・・・おおざっぱなんですけどね(笑)。。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-20 15:49 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアの駐車場システム ~1分でアウトです~
a0025383_23155.jpg 日本の20倍の面積を持つオーストラリア。そんな国でも駐車場は有料です。公共の駐車場には写真のような駐車券の発券機が設置してあり、大体、平日の日中はこちらで券を買い、車内の外から見える場所に置いておかなければなりません。「~セントで~分」という買い方をするのですが、場所によって相場が違います。
 こちらでは公道の駐車違反も、駐車場内の時間超過も警察の管轄ではなく、地方自治体の仕事になっています。取り締まりは厳しく、1分でも超過しているところを発見されると容赦なくオレンジ色の封筒に入った罰金請求書がフロントガラスのワイパーにはさまれます。罰金も場所によってまちまちですが、ここキャンベラでは60~70ドルのようです。1ドルをケチったが為に、あるいは取締りを甘く見たが為に悲しいラブレターをいただくことになります。
 日本でお巡りさんに駐車違反を見つけられて「たかだか10分だよ~、他の車全部取り締まれっていうんだ!!」と何を勘違いしたか、偉そうに文句を言っている人をよく見かけますが、ボクは知ってておいている人が悪いんじゃないかと思いますヨ。 ちなみに、こちらの速度自動取締機は1キロオーバーでも罰金の請求が来ます。
 横断歩道のそばに人が立っているだけで、走行中の車はちゃんと止まり、大勢の人が渡り終えるまで何分でも待っています。後ろの車も決してクラクションを鳴らしたりしません。田舎町キャンベラでのことですが、交通マナーは日本とは比べものにならないくらい良いと思います。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-12 21:49 | 豪州案内所  「ムダ知識」
交差点は時計回り ラウンドアバウト
a0025383_231611.jpg イギリス系の国にあるという画期的交差点システム「ラウンドアバウト」。交差点に差し掛かる車は右側から来る車だけを注意して進入していけばよいのです。自分の車に対して右側の車に通行の優先権があるため、右に車があれば交差点の手前でやりすごさなければなりません。
 しかし、右側の道路に車の列があった場合、いつまで経っても渡れないのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。自分から見て正面(対向)からも車は来ます。それはつまり、右側の車にとってはランクの高い右側の道路。無事に渡り始めることができるわけです。
 この方式の交差点には信号がないので、夜中に誰もいない道路を赤信号で停車している日本とは大違いなのですが、オーストラリアでは自動車の左前輪の磨耗が激しいようです。直進するつもりでも中心の円を避けるため、時計回りに回らなければいけないためです。
 ボクは道を間違えたとき、よくラウンドアバウトを一周して元の道に戻ります。それはそれでけっこう恥ずかしいです。。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-11 21:43 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアのタバコは一箱1000円!?
a0025383_232058.jpg
 ・・・本当です。びっくりしました。長期滞在者にはつらいものがあります。
写真のタバコは30本入りで$10前後。・・・900円~950円というところでしょうか。
 オーストラリアではタバコはお酒を売っているショップやガソリンスタンドのほか、スーパーなどでは決まってレジやサービスカウンターの近くにあります。店員さんのいるブース側にあるので、知らない人はどこで売っているんだろうと探してしまうかもしれません。
 こちらの道路ではタバコの吸殻はほとんど落ちていません。値段の影響か、喫煙者の絶対数が少ないのかもしれません。・・が、マナーが良いのは良い事です。
 さらに日本と違う点といえば、売っているお店によって値段が違います。そんなには変わりませんが周りより安いお店を見つけると、値段が高いだけに思わずその店まで足を伸ばしてしまいます。何度も行く店の店員さんとは友達になりたいところです。。・・・英語をはやくモノにしなくては。。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-08 21:59 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアの通貨 ~ドルとセント~
a0025383_232140.jpg
 オーストラリアの通貨単位はドルです。貨幣価値は日々変動しているのであえて日本円換算はしないでおきます。1ドルよりも小さくなるとセントになります。
 この国には1円玉に相当する1セントコインがありません。
存在するコインは5セントコインが一番小さなものです。ガソリンなどで端数が出た時にどうするんだろうとレシートをながめていると、どうやら「四捨五入」されているようです。なんてアバウトな国なんだ!と思いつつ、1円足りないだけで計算し続けることを強いられるという友人の日本の銀行員のハナシを思い出し、こんなテキトーっぷりがますます心地よく感じてしまうのでした。
 広告に「$1.98」と書かれてあれば、現金で払うときは「$2」になるということです。だって、1セントコインがないんですもの。ある意味不当表示ですが、クレジットカードなどで支払いをする時は額面どおりの値段で取引されています。

 写真は$50・20・10・5 札。$100札も存在するのですが、空港やカジノに行ってようやく目にできます。銀行で大きなお金を引き出しても50ドル札で出てきます。
 コインは右から金色の$2・$1コイン、銀色のC50・20・10・5(セント)となっており、すべてのコインの表面にはエリザベス女王の肖像画が彫り込まれています。

<英語で挑戦>
Currency unit in Australia is AUS dollar. I don't tell you that how much is 100 yen now. Because exchange rate is fluctuating daily.
Besides, 100 cents equal 1 dollar. But, There isn't any 1 cent coin in this country. The smallest unit of coin is 5 cents coin ! I wondered If when I buy what is odd price thing, how do they give me a change ? So, I checked a receipt. It said "round-off counting".

I was surprised.But, I like this counting system. Japanese are overdelicate people, I think. If you find $1,98 thing on ad, you have to pay $2. Because 1 cent coin doesn't exist in here ! We can't receive 2 cents. But, If you use a credit card, you can get it with $1,98 !!


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-08 13:47 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアワイン
a0025383_232351.jpg
 オーストラリアは隠れたワインの名産地です。ハンターバレーやバロッサバレーなどのワインの産地へ行くと、自家製ワインを製造している小さなお店や大手ワインメーカーのワイナリーをブドウ畑の中で見ることができます。
 各ワイナリーではワイングラスに少しずつ品種の違うワインを試飲することができます。ひとつの地方ではこうしたワイナリーが50軒を超える場所もあり、本格的にテイスティングをするととても一日では回りきれません。
 ワインの匂いをキザにかぎながら「このシャルドネ(白ワイン)は~」などと言うとひどく気取った印象ですが、そんな事を気にしたり、感じたりしてしまうのはおそらくアジア人だけかもしれません。オージーが同じ事をすると気取った感じには見えないし、何より本人たちにとっては自分の好みに合うワインを探しているだけだと思いました。

 写真のワインボトルは特に有名なわけではありません。青いビンがきれいだったから買っただけです(笑)。でも安いし飲みやすかったです。安いワインは500円くらいから売っています。

<英語で挑戦>
The fact that Australia is good wine production region isn't known well by people. If you go to some wine production area like huntervalley, you can see many wineries in the vast clos. And you can taste several wine.
If Asian smell at a glass of wine, and comment on the taste of wine, it may give someone genteel impression.But you shouldn't to worry about it. Everybody do so, and it is natural business.
These wine bottles in a picture are not special things. I tried buying these, because I just like blue bottles. These ware quite nice, and were moderate prices. We can get inexpensive wine with about $5.


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。よろしく!⇒旅行っていいよね!
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-07 23:24 | 豪州案内所  「ムダ知識」
カンガルーに御用心!!
a0025383_232456.jpg
 「カンガルー注意!」の標識です。オーストラリアならではのモノですね。
このシリーズ(?)には他にバリエーションがあり、「エミュー注意!」「ウォンバット注意!」「クロコダイル注意!」「コアラ注意!」などが取り揃えてあります。「とにかく轢くな!」ということです。
 カンガルー標識は出現率が高いので意外と簡単に見つけられます。現在、他の標識シリーズを探し回っているところです。

<英語で挑戦>
This is road sign "caution the Kangaroo" It is Australian unique sign, isn't it? There are things of the same sort. Those are "caution the Emu" "caution the Wombatt" "caution the Crocodile" "caution the Koara" etc.Anyway, It means "Do NOT drive into them !"
We can comparatively see the Kangaroo's sign because they come out in everywhere. I always look for another signs.


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。よろしく!⇒旅行っていいよね!
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-07 21:13 | 豪州案内所  「ムダ知識」