カテゴリ:豪州案内所  「ムダ知識」( 42 )
!?
a0025383_18595711.jpg
絵心があるよーなないよーな豪州の動物注意標識です。

トサカがあるよーですが、ニワトリだかなんだかよくわからないので、みなさんのご想像にお任せします。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-08-21 19:03 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアの国花
a0025383_861758.jpg
こちらの黄色い花のついた木はワトルの木。
豪州の国花で、春に桜や梅の花とともに、咲き乱れます。
真っ青な空にピンクと黄色と新緑の混ざった豪州の春は、最高に綺麗なんですよ。
いつか公開しようとしていた秘蔵写真。
ちなみに現在、キャンベラでは霜(しも)がおりています。寒いです。
他の写真と圧縮率は同じなんですが、黄色系の細かい写真は画像が荒れてしまうようです。
オリジナルは綺麗に写ってますが、容量の関係でこんな写真しかお見せできなくてすいません。
綺麗なのを見たい方は春の豪州まで飛んで来て下さい。。。


個人的な事情で応答はできますが、しばらく訪問はできませ~ん。
ごめんなさい。。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-07-19 08:16 | 豪州案内所  「ムダ知識」
オーストラリアの木のかほり
a0025383_1734070.jpg
タスマニアのマーケットにあった木工芸品。オーストラリアのパインツリー(松の木ですねぇ)が使われています。。(※ちょい改変)
たしか、パインツリーは伐採が禁止されているので、木の在庫が無くなり次第、手に入れるのは不可能となるでしょう。
タイトルを読む限り、良い「かほり」がしそうな感じですが、実はニス系の薬品の香りがプンプンしてました。
まぁ、写真の小物入れに似合いそうな「にほひ」をご自由に想像なさってください(笑)

小物入れ、かわいいでしょ?
結構高くって気軽には買えません。。ひとつ6,7千円くらいだったような・・・。
左のヤツは手前の引き出しが入るんですが、それを引き出すと奥に隠れている引き出しが取り出せます。

豪州のマーケットではこのような職人ワザ系なグッズがたくさん並んでいるんですよ。

タスマニア系記事はこちらサイトマップ ~タスマニア関連記事一覧~からどーぞ。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-06-11 00:00 | 豪州案内所  「ムダ知識」
用具の性能の差でないところを見せてやるぅ♪
a0025383_15561554.jpg
なかなかシャレたジョークですよね。
日本でコレをやるといたずらじゃ済まなさそーな感じがしますが、豪州ではかなーり目立つ場所にあったとしてもこのままの状態で放置されています。キャンベラ内の高速道路に一つだけあるんですが、このあたりでは雪も降らなければスキーなどできません。
スキー場でコイツに追い抜かれてみたい・・・。

「・・・ケッ、二本足で立つアライグマだぁ?(←注:レッサーパンダです。)ボーっと突っ立ってっとケガするぜぃ!夜露死苦ー!!」
・・・わかったから高速道路に気合で飛び込んでくるのはヤメテクレ♪ よろぴく~♡

<豪州動物標識シリーズ>
カンガルー注意 ←量産型
ウォンバット注意(黒)
ウォンバット注意(白)
ペンギン注意
カモノハシ注意
ウマ注意
バンディクート注意
飛行物体注意 ※ ←番外

キャンベラ系リンクはこちらサイトマップ ~キャンベラ・シドニー方面関連記事一覧~
にぬる~くまとまってます。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-06-06 19:00 | 豪州案内所  「ムダ知識」
朝霧の大地
a0025383_1144538.jpg
冬のキャンベラでは、局地的に濃霧が発生します。市内ではそんなに見られませんが、夜明けの高速道路を行くと突然視界がさえぎられ、非常に危険なドライブとなるのです。

写真は高速道路から平原方面を写した物です。ほんの30メートル手前では霧の無いクリアなエリアでしたが、霧のカベに入っていくと視界が10メートルに満たない状況もしばしば見受けられます。夜間、この状況へ飛び込むと、車のライトが霧で散乱され、視界は5メートルくらいの時もあります。
世界の不思議話などで「霧の中を走行中気を失い、ありえない時間の間で気が付いたときは別の場所を走っていた」あるいは、「飛行中の飛行機が雲の中に消えて何年後に帰ってきた」という摩訶不思議な話を聞いた事がありますが、そんな話が脳裏を横切りそうなくらい極度に濃い霧です。

高速では制限速度110キロ。視界5メートル。そしていつカンガルーが飛び出してくるかわかりません。実際、朝の高速道路にはカンガルーの死体がゴロゴロ転がってます。死体の数だけボディーのヘコんだ車とそれでヘコんだオージーが毎日どこかにいるんでしょうね。。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-06-01 11:38 | 豪州案内所  「ムダ知識」
くらっしゅ☆ばんでく~
a0025383_1620449.jpg
はい、マウスでお絵かきして遊んでいる場合じゃございません。でも、もう少しで一皮むけそうな気がしてます。(←指ではない。) そのうちテキトーに疑問文型を整理してみようと思ってます。うん、自分のため。

 さてさて、豪州紹介です。
この写真、ナニゲにレアです。タスマニアで撮りました。たった一ヶ所、とある高速道路の途中あたりにありました。
 ちょっとリアルすぎてホラー入ってますけど、豪州にはネズミのような小動物、「バンディクート」が生息しています。ボクも実物は見たことはないので、写真は撮っていませんが、標識を見て想像してください。
なんだったら、マウスで描いて図解しましょーか?(笑)

 バンディクートは夜行性。確か、コイツも小さいながら有袋類。後ろ足が発達していてミニミニなカンガルーみたいなヤツです。何種類かいるらしいが、どうやらどれも数が減少の一途を辿っているらしい。道路標識になってしまっているのはそういう意味もあるはず。大きさはネズミくらい。でも、「ネズミに注意」の標識はないようなので。

<豪州動物標識シリーズ>
カンガルー注意
ウォンバット注意(黒)
ウォンバット注意(白)
ペンギン注意
カモノハシ注意
ウマ注意

飛行物体注意 ※ ←番外
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-05-16 16:53 | 豪州案内所  「ムダ知識」
青い目のサムライたち
a0025383_2384795.jpg
ちょいと創作意欲が沸いたので、どーぶつ以外をご紹介。・・ってオイ、いつから動物ブログになったのだ?

 さて、マジメなお話です。こちら、青い目をしたサムライたち。面をつけていてわかりませんが、中身はみんなガイジンさんたちです。ある時に、キャンベラの姉妹都市である奈良との記念イベントのようなものがあって、キャンベラ唯一の剣道クラブとして、彼らが日本の武道の一つとしてデモンストレーションをしてくれた時のモノです。

 ボクはいちおー、三段なんですが、ミラクルで一発で三段に昇段してすぐに剣道をやめ、その後、2~3年間は稽古をしないまま、こちらの練習に参加させてもらったので、全然ヨワヨワなんですけど、建前上、上段者ってことで、めちゃくちゃ英語でふにゃふにゃしながらも、みんなかまってくれています。
 昇段審査の機会が少ない彼らにとって、実力者であっても初段とか1級とかの剣士がやたらいます。サボリぎみ&体力のないワタクシは、しょっちゅう「ぱか~ん」と打たれたりして、やたら恥ずかしい思いをしていますが、それでも彼らはよくありがちなインチキサムライとは違います。
初めて会った時に、かろうじてリードしていた相手も、今では勝てない相手になっていたり、ヘンな日本の体育会系のオキテに縛られていないココでは、みんなフレンドリーに技を磨き合っているようです。

 稽古中はみんな真剣。「モクソーー!!(黙想)」ではじまり、「メン」だの「コテ」だのはしっかり日本語。ナニゲに初心者(←始めたばかり)の「アリガトゴザイマシター」に「ぷぷぷ。。」と思いながらも、いつも『日本の文化に興味を持ってくれてありがとう』って思っています。

・・・と、いうコトなので、おい、友人よ、そんな感じにちょっと美化して通訳しておいてくれぃ(笑)。。
でないと、日本の三段ってヨワイんじゃん。。って思われちゃう、・・・って、もう遅いねぇ。。

 語学も同じですね。。テストの点で一喜一憂しても点に見合ったスピーキング力がなければ、恥ずかしいと感じるのは自分ですよね。えっ?それで三段なの?みたいな。
頑張るだけでもダメ。結果がついてこないと。それは点数ではなく、実力です。 う~ん、、シビアになってきたな。。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-05-13 00:22 | 豪州案内所  「ムダ知識」
フェラーリに注意(笑)。
a0025383_145159.jpg
最近、「☆ サイトマップ」を整理していないため、だんだん、以前使った写真と未紹介の写真との記憶がごちゃまぜになってきましたが、たしか、未掲載のはずです。
写真の「ウマに注意」の標識は豪州では比較的容易に見つかります。
豪州では、やたらウマが飼われていたりします。馬刺しを食べる国でもあるまいし、競馬は確かに行われていますが、競走馬っていう感じもしません。ときたま、人を乗せて道路をパッカパッカと早足で歩いている光景にも出くわしますが、いちおう、先進国オーストラリア、チョイ乗りくらいで、農作業のメインな家畜という訳でもないでしょう。。

・・・うん、ペットってことでいいや。疑問解消♪

<豪州動物標識シリーズ>
カンガルー注意
ウォンバット注意(黒)
ウォンバット注意(白)
ペンギン注意
カモノハシ注意
ウマ注意

飛行物体注意 ※ ←番外
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-05-01 14:15 | 豪州案内所  「ムダ知識」
隠れキャラ、カモノハシに注意!!
a0025383_1292533.jpg
たま~にアップしている豪州の標識・看板シリーズです。今回は特に貴重な作品(←笑)。

タスマニアの道路を走っていて唯一、一ヶ所だけ発見することができました。
豪州本土でも見た事がありません、こちら『カモノハシ注意』の道路標識です。いつものように標識のみのアップの写真もあるのですが、今回は珍獣・カモノハシの生息していそうな風景が写り込んでいる写真にしておきます。
この道路のそばには小川が流れていて、その川に生息しているのでしょう。ぜひ野生のカモノハシに出会いたかったものですが、そうそうそのへんの道路をひょこひょこ横断しているものではありません。

うーん、見たかったな。。

<豪州動物標識シリーズ>
カンガルー注意
ウォンバット注意(黒)
ウォンバット注意(白)
ペンギン注意
カモノハシ注意
ウマ注意

飛行物体注意 ※ ←番外
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-04-15 01:42 | 豪州案内所  「ムダ知識」
ペンギン、道路を歩きます。
a0025383_22545632.jpg
見たまんまです。ペンギン注意の看板。
タスマニアの「ビシェノ」という町の海岸は野生のペンギンがコロニーを作っています。天然モノゆえ、昼間にエサをとりに海へ出勤していたペンギンたちは夜になるとこの海岸の巣へ集団で戻ってくるのです。そう、まるで満員状態の終電からふらふらと帰宅する日本のサラリーマンのように・・・。

ですが、彼らは飛べなくても一応は「鳥」なもので、夜の暗闇にはめっぽう弱く、中には巣へたどり着けず、迷子状態になって道路をよちよち歩いているおとーさんもいるのです。そうです、まるで日本のほろ酔いサラリーマンのように・・・(二度目)。
轢かれてしまっては、保険金も下りずに残されたオカンと子供たちが悲しい人生を送ってしまうので、このような標識が設置される訳ですね。。

ペンギンの写真はそのうちまた。。

さーて、、今回も脳天気な返信頑張るぞい。気軽にコメント、カモ~ン☆
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-03-02 23:26 | 豪州案内所  「ムダ知識」