ケガをするか、死にます。
a0025383_20333982.jpg

 ノーザンテリトリーの川には野生のクロコダイルが生息しています。川にさしかかる道路には写真のような警告文が設置されています。一部よくわからないのですが、訳をしてみました。

  クロコダイル安全対策  ~注意~

 河口(海水)ワニの攻撃で、怪我をする、または死にます。(笑)
 これらの動物は気付かれることなくこっそりこのエリアに入ってくることで知られています
 (↑掲載後、直していただいた訳文・・恥ずかしいので間違い訳文は隠滅させていただきました☆)
  ・閉鎖の看板がこの場所にある時、水の中に入ってはいけません。

 淡水ワニはこのエリアに生息しています。
 彼らは、もし、邪魔をされると攻撃的になり、かみついてきます。
 (↑一部意訳)
  ・近づいたり、これらの動物の邪魔をしてはいけません。


当ブログ翻訳部屋  「英中日」でも明らかですが、筆者の英語力はヒドイので、どなたか今回はさらっと修正をかけてください。もっとまともな訳を思いついた方、コメント欄にてご教示ください。ここでは細かい文法分解はしません。・・・たぶん。(コメントやメールにてアドバイスや文法解説をいただきました。みなさんのご好意がとてもうれしいです!)

 閉鎖の看板のない川辺でオージーたちは泳いでいました。あとになって同じ川でじっとしているワニをみかけましたが・・・。


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!




t-globeさんがちゃんとした警告文の訳をしてくださいました☆

 「イリエワニに襲われると,けがをする,または命を失うことさえあります。
 このワニがこの付近に侵入しても見つけにくいと言われています。
  ・封鎖の標識があるところでは,水に入ってはいけません。

 ここには淡水ワニが棲んでいます.このワニは怒らせると攻撃的になり,危害を加えることがあります。
  ・このワニに近づいたり刺激したりしてはいけません.」


・・・いつか図鑑にしか載らなくなっちゃうのかな・・・ワニたち。
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-07-24 20:43 | 豪州案内所  「ムダ知識」


<< ダンディー・クロコダイル アボリジナル「ロックアート」 >>