なんて言ってるの?えっ、ボクの事!? ~日本人の名前~
 誰しもご存知なように、中国語というのは全ての表現を漢字で行います。少し、ややこしいのは、日本でも漢字を使っているという事。日本人の名前は中華圏の人たちには当然読む事ができます。そう、漢字なので書かれた自分の名前を見たり見せたりすればお互い「この人の名前が書いてある」とすぐにわかるのですが、双方、同じ漢字の発音を持っているため、直接名前を呼ばれても、中国語を知らない人は自分の名前を呼ばれてもわからないのです。

 どういうことかと言うと・・・
「田中 浩(たなか ひろし)」さんという人がいたとします。英語圏に行くと彼の名前は「ヒロシ タナカ」そのままなのですが、中華圏では、「ティエンジョン(田中) ハオ(浩)」という中国語の発音がその人の呼称となります。
「田中 博(たなか ひろし)」・・日本語で読み方が同じでも、漢字が違うと中国語の名前は「ティエンジョン(田中) ボゥ(博)」という風にまったく違う発音となります。
 これは標準語とされている北京語の場合。広東語、上海語、福建語・・・全部漢字ですが、発音はそれぞれ全く異なるので、たとえ自分の名前を呼ばれていたとしても、発音を知らなければ気付かないということになります。

 もっとも、日本でも、中華圏の方の名前を読むときは日本語の発音で呼びますよね。三国志の登場人物「劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)」このまま言っても中国語を話す方には通じません。
 同じ漢字の名前をもつアジア人同士なのに、声に出した時、英語圏や他の見た事のない文字の国の方が、名前に関しては通じやすいというのも不思議な感じがしますよね。
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-06-14 00:13 | 語学関連 「英語・中国語」


<< オーストラリアでホエールウォッ... 英語初心者のこんな失敗 ~Wh... >>