青い朝焼け
a0025383_19592798.jpg
シドニーから車で2時間の場所にブルーマウンテンズ自然公園があります。小さなアコモデーションからは豪州の大自然が広がり、夜になると天の川がくっきりと見えるのです。
写真は明け方、餌付け台でエサをついばむインコを何気なく捉えたものなんですが、あとでゆっくり見てみると、空が不思議な色をしていることに気が付きました。朝焼けってこうなんでしょうか?地上側が青く、上空へいくにつれて赤みを帯びています。
(そうですね、これがブルーマウンテンと呼ばれる由縁でしたね。)

余談ですが、天の川は英語では「Milky Way(ミルクの道/すじ)」です。
地上に光の無い場所で空を眺めてみてください。そのように呼ばれるわけがなんとなくわかると思います。
円盤状に広がる銀河系を水平方向に見るので、星々が密集している部分として天の川が観測できるということなんですねぇ。
ちなみに星がいっぱい見えすぎて、未だにどれが南十字星だか、わからないんですけど・・・(笑)。

キャンベラ・シドニー方面の関連記事はこちらをどうぞ。
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-06-19 20:19 | 豪州写真館   「観光編」


<< 今日のカンガルー先生 (いや、... キャンベラにそびえ立つシンボルタワー >>