動物の国の動物園の普通のおさるさん
a0025383_14423489.jpg
今回はキャンベラの『動物園』にいたおサルさんです。
ほかに資料がないので、どこの出身かわかりません(笑)。ちょっとヤンキー入ってますねぇ。。

オーストラリアにはおさるさんは生息していません。
豪州って野生の王国っぽいイメージがあるし、景色も自然と隣り合わせの国なんですが、そういえば、有袋類がいるってくらいでコレといったインパクトのある動物って少ないですねぇ。(←贅沢?)
ボクが見慣れてしまっただけかもしれませんが、「サイ」とか「ライオン」とか「ゾウ」とかの大型動物がのっしのっし歩いていても不思議ではない景色です。氷河期のあたりには巨大なサイっぽい動物がいたようです。あと、3メートルくらいのでっかいカンガルーとか・・・。

そんな豪州ですが、個人的にカナーリ好きな分野の話で恐縮ですが、未確認生物(UMAってやつ)の伝説もあります。

バンニップという一つ目のウマ怪物
ヨーウィーという雪男型の二足歩行動物
体長10メートル以上のオオトカゲ

さーて、どーやってつかまえよーかしら・・・・。捕獲案と捜索隊員募集中♪
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-06-13 15:09 | 豪州写真館   「動物編」


<< キャンベラにそびえ立つシンボルタワー オーストラリアの木のかほり >>