ペンギン、道路を歩きます。
a0025383_22545632.jpg
見たまんまです。ペンギン注意の看板。
タスマニアの「ビシェノ」という町の海岸は野生のペンギンがコロニーを作っています。天然モノゆえ、昼間にエサをとりに海へ出勤していたペンギンたちは夜になるとこの海岸の巣へ集団で戻ってくるのです。そう、まるで満員状態の終電からふらふらと帰宅する日本のサラリーマンのように・・・。

ですが、彼らは飛べなくても一応は「鳥」なもので、夜の暗闇にはめっぽう弱く、中には巣へたどり着けず、迷子状態になって道路をよちよち歩いているおとーさんもいるのです。そうです、まるで日本のほろ酔いサラリーマンのように・・・(二度目)。
轢かれてしまっては、保険金も下りずに残されたオカンと子供たちが悲しい人生を送ってしまうので、このような標識が設置される訳ですね。。

ペンギンの写真はそのうちまた。。

さーて、、今回も脳天気な返信頑張るぞい。気軽にコメント、カモ~ン☆
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-03-02 23:26 | 豪州案内所  「ムダ知識」


<< 十人十色 豪州あおぞら教室 ③... 十人十色 豪州あおぞら教室 ②... >>