宇宙の果てからの映像受信 ~キャンベラの超巨大アンテナ~
土星最大の衛星、タイタンへ土星探査機カッシーニから切り離された小型探査機ホイヘンスが分厚い大気に覆い隠された地表の様子を送信してきました。
a0025383_19424498.jpg
オーストラリアの首都キャンベラの郊外には巨大なアンテナがあります。今回の映像も数機の巨大アンテナが遠い宇宙の彼方から送られてきた情報を受信しました。ちなみに一番大きなアンテナは直径70メートルあります。
Canberra Deep Space Communication Complexという施設内には歴代の宇宙開発の歴史が展示されています。ここはNASAとの提携施設。人類の科学を発展させる重要な情報、一瞬たりとも逃すことは許されません。

・・・実はうる覚えなのですが、全ての探査機から送信されてくる情報をNASAのあるアメリカが探査機と逆の方向に位置している時、・・・つまり探査機から見て、米国が地球の裏側に位置してしまっている間(夜みたいな感じ)、ここ豪州のキャンベラにある超巨大アンテナが受信をしてその情報をアメリカに転送しているのです。(う~ん、、たしかそんな理由があったような・・・。。間違っていたらごめんなさい。詳しくは上記のHPに飛んで英文をじっくり解読してください。)アポロの人類初の月面着陸の生放送の際も、アメリカが月に背を向けている間、豪州が中継受信をしたような話をどこかで聞いたことがあります。

時事ネタに便乗しての豪州キャンベラの数少ない見所の紹介です。「・・・どこかでそんな話を聞いたことがある」程度の知識しかなかったので今まで紹介を控えておりました。。他にもっとマトモな情報(笑)、リンクのHPの英文からおわかりのことがありましたら、どしどしコメントにて記事の補填をお願いします。。この機会に雑学を増やしておきましょうよ♪
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-15 20:52 | 豪州案内所  「ムダ知識」


<< 絶滅動物タスマニアタイガー ① 魔女の宅急便 おそのさんのパン... >>