魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ②
さあ、リポート第一弾に乗り遅れた人・またはコメントを残す勇気のなかった人のために、解説しておきます。
(↑いや、むしろ半年前の記事だろうがコメント歓迎でございます。その時だけの記事・写真ではもったいない。。)
ここは豪州タスマニア。とある小さな街の小さなパン屋さんは映画「魔女の宅急便」のパン屋さんのモデルになったパン屋さんなのです。では、引き続き、お店の中をウロウロしてみましょう。
a0025383_1924755.jpg
ちょっとしつこいけどお店の中の様子です。写真の左側のドアは3脚ほどのテーブルが並んでいる食堂になっていて、このアコモデーションの宿泊客はそこで持ちきれないほどの焼きたてのパンを朝食にいただきます。もちろん、余ったパンは旅のお供に持っていけますよ!クロワッサンやジャムパン、ロールパン・・・さすがにパン屋さんだけあって、独特なサービス♪

カウンターの奥のドアはパン焼き厨房となっています。
a0025383_19101459.jpg

朝早く、職人さん(←陽気でした☆)がパンを焼き始めます。このカマドはとても古いものらしいです。現在ではこんなふうなカマドで焼くパン屋さんも珍しいようです。
おや、カマドのそばにホコリまみれのジジくんが・・・・何してんだ?コイツ・・・。。

と、いった感じで本当は2回分くらいの記事にするつもりだったのですが、もーしばらく細かくリポートしてみようかしら?
語学絡みのコーナーも間もなく復活・再開予定なので、その際はまたご協力お願いしますね。

<魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん 特集記事>
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ① 
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ② (当記事)
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ③
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ④
魔女の宅急便 おそのさんのパン屋さん ⑤ (最終回)
[PR]
by kenjipm1122 | 2005-01-06 19:28 | 豪州写真館   「観光編」


<< 翻訳時のアタマの中身を見てみよ... 魔女の宅急便 おそのさんのパン... >>