タスマニア旅行の概要 ⑥
a0025383_15502389.jpg6日目、ペンギンたちをみてホンワカした翌日、タスマニア島の南東、ポートアーサーへ。
運転担当でスピード狂の管理人の活躍により時間に余裕ができたので、翌日まわる予定であったリッチモンドの町へ。ここはファンシーでのどかな観光村。かわいらしい街並みとお土産にはどれも捨てがたい小物の店、カフェなどが立ち並びけっこう楽しめます。
そして、ポートアーサーへ。ここは、豪州へ流罪となった囚人の中でも凶悪な罪人たちが収監された監獄があり、最近では30人以上の死者を出した全豪を震撼させた精神錯乱者による拳銃乱射事件などで有名な街。監獄跡地では夜にゴーストツアーなるものもあり、観光センターの壁にはツアー参加者の髪の毛が引っ張られて恐怖にかられている写真や、白い影の映りこんだ写真など、シャレにならない写真が並んでいました。

ポートアーサーのあるタスマン半島はいくつか変わった地形のポイントがあり、日本のように大々的に宣伝はされていませんが、距離的にも近い位置に集中しているので時間があればまわってみましょう。

翌日7日目、最後の宿泊地、そして同時に出発の地でもあった州都ホバートへ。ここで宿泊し、旅は終了です。
何度も言いますが、諸事情により、駆け足で概要のみをお送りしているため、ガイドブック等に必ず掲載されている州都ホバートについてはここでは語りません。

そんなわけで、7泊8日のタスマニア旅行でございました。参考になりましたでしょうか?年末年始に向かおうと計画されている方にありましては、こ~んな感じでした、、ってことで参考になさってください。ちなみに総走行距離は1700キロです。お子さんのいらっしゃる方などは、ニーズに合わせて御検討ください。そして予約はお早めに。
分かる範囲でご協力いたしますので、質問等ございましたら非公開コメントでもメールでもお気軽にどーぞ。

では、次回からは通常体制で、まったりとお送りいたします。一軍写真、出動準備中です。

<駆け足タスマニア旅行概要> ・・詳細紹介は後ほどゆっくりやります。。
タスマニア旅行の概要 ①
タスマニア旅行の概要 ②
タスマニア旅行の概要 ③
タスマニア旅行の概要 ④
タスマニア旅行の概要 ⑤
タスマニア旅行の概要 ⑥


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-12-04 15:51 | 豪州写真館   「観光編」


<< 海外系ブログ集結+今後のスレッ... 翻訳時のアタマの中身を見てみよ... >>