タスマニア旅行の概要 ⑤
a0025383_1555464.jpg
魔女のキキちゃんとクロネコのジジくん、それからパン屋のおそのさんに別れを告げ、5日目はタスマニア島の東の海岸を走ります。まずはグレートオイスターベイ方面へ。名前からしてオイスター(牡蠣)がたくさん採れるのでしょう。。一行はワイングラスベイと呼ばれる半月状の美しい海岸までブッシュウォーキングを兼ねて向かいます。山道はけっこうキツく、しっかりとペットボトルの水を準備していきましょう。

途中、日本人の団体旅行客とすれ違い「頑張って下さいね。。」
ところが、オージーとすれ違うと「enjoy !!」
と声をかけられます。このあたりが日本人とオージーのレジャー感の違い。日本人は「目的地で何かをすること」が目的であることに対し、オージーは「ブッシュウォーキング自体」を楽しみに来ています。ワイングラスベイを一望できる展望台から全体を眺めたあと、ビーチまで歩きます。ビーチの砂は鳴き砂。真っ白い砂に深度によりコントラストを変えていく美しい海は、ウォーキングの疲れをしばし忘れさせてくれることでしょう。ビーチにいる間は同じ道のりを再び歩くことを考えてはイケマセン。

さて、長い道のりを歩いた後、Bichenoの町へ。ここはそんなに大きな街ではありませんが、夜になると昼間海へと出勤していたフェアリーペンギンがよちよちと海岸のコロニーへ帰ってきます。そこで一時間ほどのペンギンツアーに参加し、ぞくぞくと帰ってくるペンギンの行列を静かに見守りました。ペンギンは「鳥」です。鳥は「鳥目」というくらいですから、夜間の視力は悪く、フラッシュ撮影は禁止されています。
ツアー後に道路を歩いていたペンギンをコッソリフラッシュ撮影してやろうかと企んでいましたが、悪魔の計画を察知したユカイな仲間たちに止められ、計画は阻止されたのでありました。
すべての詳細は後ほどじっくり。お楽しみに♪

<駆け足タスマニア旅行概要>
タスマニア旅行の概要 ①
タスマニア旅行の概要 ②
タスマニア旅行の概要 ③
タスマニア旅行の概要 ④
タスマニア旅行の概要 ⑤
タスマニア旅行の概要 ⑥


 こちらのブログに掲載してある野生動物や海外風景写真を一気に見ることのできるホームページを立ち上げました。写真のほか、旅行に関するアドバイスや、おしゃれな外国土産の買えるサイトも紹介。急な旅行もきっと見つかるさまざまな旅行代理店の検索ページへのリンクもまとめてあります。ぜひ、遊びに来てください。
よろしく!(別窓で立ち上がります)⇒『旅行っていいよね!

[PR]
by kenjipm1122 | 2004-12-04 15:12 | 豪州写真館   「観光編」


<< 翻訳時のアタマの中身を見てみよ... タスマニア旅行の概要 ④ >>