英語初心者のこんな失敗 ~英語と日本語の発想の違い 【Ⅱ】~(第5回)
この日、オーストラリア国立大学の日本クラブ(日本に興味がある人たちのサークル)の交流会のようなものに顔を出してみました。「少しでも英語に触れる機会だよっ」と友達が誘ってくれたのです。英語のクラスとは違い、自分から会話を振って、さらに、どんな返答が返ってくるか予想はつきません。ある意味「実戦練習」。・・・と、言いつつも、彼らはそもそも日本に興味を持ってくれている学生さんや関係者たち。中には日本語が上手い人もいるし、日本の地名や風土をあらかじめ知っている人たちなので、例えば「KENDO(剣道)」と言えばそれ以上の細かい説明は要らない人たち。

その中での一つの会話・・・
中には「居合道」の達人までいて、模造刀を持ってきていた学生さん。
ボクも弱いけれどもいちおう剣道三段。彼の元へ行って、刀を見せてもらった時の事です。

筆者 「How did you get this sword ?」(どうやって手に入れたの、コレ?)
学生 「GOMAN-YEN デス。」
筆者 「うん、おっけーおっけー。で、How did you・・・?」
学生 「ゴマンエン デ、カイマシタ。」
筆者 「(あれ?おっかしいなー?どうやって行ったの?っていう文法だっけかコレ。値段は今のところどうでもいいのだ。。)じゃ、Where did you get ?」
学生 「KUMAMOTO デ、カイマシタ。」
筆者 「へぇ~~。そうなんだ~。(ふぅ~、やっと会話が成立した・・・。)」

何が違ったんだろうと後々、考えてみました。ここが日本語と英語の違いかもしれないと思った部分は・・・・
「『どうやって』手にいれたの?」という、脳内の日本語部分。

日本人にこう聞けば、意味はわかりますよね?「日本に行った時に買ったんだ。」とかいう答えがアタマの中で出来上がるはず。
でも英語ではちょっと違うようです。
そもそも日本語の「どうやって」という言葉の意味がいろいろな質問の意味を含むあいまいな単語のような気がしました。
安易に「How」をアタマに持ってきたので相手は「どのようにして」という質問と受けてしまったのです。つまり相手は「盗んだ」わけでも、「自分で造った」わけでもなく「買って」GETしたんです。。という解釈だったのではないかと思うんです。だからイキナリ値段が返ってきたのでは?

英語と日本語、・・・日本語アタマ、感覚から抜け出さないとと感じたひと時でした。

英語初心者のこんな失敗 ~Why don't you~(第一回)
英語初心者のこんな失敗 ~カタカナ英語との違い~(第二回)
英語初心者のこんな失敗 ~仕草と意味~(第三回)
英語初心者のこんな失敗 ~英語と日本語の発想の違い 【Ⅰ】~(第4回)
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-10-01 23:20 | 語学関連 「英語・中国語」


<< アボちっくなトイレ看板。。 翻訳時のアタマの中身を見てみよ... >>