英語初心者のこんな失敗 ~英語と日本語の発想の違い 【Ⅰ】~(第4回)
タイトルに書いたほどのたいした発見ではないのですが、先日、豪州の英語の教室で盗難事件がありました。
 コーヒータイムにカバンを給湯室に置き忘れたクラスメイトが、15分後に気付いて取りに行ったところ、財布の中のお金が抜き取られていた。

というものです。不幸中の幸いで被害額はたったの「$5」。
ボクだったら、いつカジノへ行ってしまうかわからないため、常に$100以上入っています。

・・・いやいや、それはどうでもいいんですが、別の英語クラスでその話をしようとしました。
そこで出てきた筆者・ケンジの英語は・・・

「・・・・She was stolen her five dollers !!」(←なんにしろ文法メチャクチャ。)
言いたかったことは「彼女は5ドル(を)盗まれちゃったの!」だったんですが、言った後、
先生に「彼女が盗まれたの?彼女が盗んだの?」と確認されたのでした。

辞書をひいて確認したところ、正解はこれ。
Her five dollers has been stolen. = She has had her five dollers stolen.

日本語では「彼女は盗まれた」でも意味が通じるけど、そのまま変換してしまうと「彼女自身が盗まれた」となってしまうのですね。
やっと受身文を使ってモノを言おうとしたのに、英語と日本語のアタマ、別々にしないといけないと感じた瞬間でございました。

英語初心者のこんな失敗 ~Why don't you~(第一回)
英語初心者のこんな失敗 ~カタカナ英語との違い~(第二回)
英語初心者のこんな失敗 ~仕草と意味~(第三回)
[PR]
by kenjipm1122 | 2004-09-12 18:06 | 語学関連 「英語・中国語」


<< 気まぐれ翻訳 [9] ~キャン... 邪悪な白鳥「ブラックスワン」 >>